<< 中国が嫌いな人もいる | main | 新宿に日本の粋をみた。 >>
2018.04.15 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2013.05.12 Sunday

    風化と学生

    0
       

      今年の母の日は、少し綺麗な台布巾を贈りました、中山です。



      先月20日の四川雅安地震に関する報道がめっきり減った、

      というかほとんど見られなくなりました


      偉そうな口を叩くのはあまり良くありませんが、

      これが日本のメディアの現実だと思います。



      「学生にできること」

      については諸説あり、

      私の四川チャリティプロジェクトについても、

      様々なご意見が集まっています。



      四川雅安の応援ムービー

      本編の完成が近づき、

      ただ今、Youtubeで予告編を公開しています。



       http://p.tl/sXZb




      「雅安のみんなの力になること」

      この目標を達成できるかどうかは、

      これからの私たちの頑張り次第です。



      ただ、この悲劇を風化させない取り組みは

      学生に「必ず」できることだと思います。



      できることから、前進します。


      JUGEMテーマ:中国

      2018.04.15 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        日本だけじゃなくて、中国でもすでに風化してきていると思う。
        ネットでしか見てないからテレビがどうかはわかんないけど、いまニュースさらっと見てみたら、見出しが並ぶ中で四川地震関連のニュースは1つしかなかった。
        これじゃいけない、と思う一方で、
        報道番組作ってる後ろ側を少し覗いたことある身としては、新鮮さが命の報道の世界、風化していくのも仕方ないとも思ってしまう…

        だからニュース以外の形で、どうにか風化させないように・伝えていくようにする努力が必要なんだと思う。
        チャリティムービー、たくさんの人に見てもらいたいね!
        • くま
        • 2013.05.13 Monday 12:23
        くま:

        なるほど。。。
        13億分の200ってところもあるのかな。。。

        ニュースはたしかにニューである必要があるかもしれない
        でも、視聴者の認識を常にニューに保たせる力も、本当はもっているんじゃないかな メディア。

        頑張るから、
        拡散よろしく!
        • 中山
        • 2013.05.13 Monday 13:25
        こちらではお久しぶりです。
        いつも興味深く読ませてもらってます。

        で、思ったことを少々。
        どんなニュースにせよ、風化していくのは仕方のないことなんじゃないかなと思う。
        ここは日本なんだから日本に関係のあるニュースを流すのは当然だし、日本にとって重要なニュースを流さずに中国のことばっかり伝えてたら、それこそ日本の報道のあるべき姿ではないだろうし。

        敢えて批判的な言い方をさせてもらうと、最近のごんちゃんのブログにはちょっと違和感を覚えながら読んでたのね、それは多分この辺に起因してるんじゃないかなと気付いたわけで。
        ごんちゃんの場合、中国が好きだ、中国と日本をもっと良好な関係にしたい!って気持ちで突き進んでるから、どうしても中国目線に立っちゃって、日本や日本人の気持ちまで配慮が回ってないんじゃないかなと私は思ったんだけど、どうだろう。

        国交とかは専門外だから何とも言えないけど、国と国の関係って一筋縄ではいかないだろうし、だからこそお互い妥協して折り合いつけてっていうのが必要なんじゃないかなと思う。
        だから、そういう場で話し合ったり問題を解決したりってなったときには、当然お互いの言い分をよく聞かないと建設的な議論はできないはず。

        それだからこそ、今後日中関係を良くするために活動していこうとするごんちゃんは、もうちょっと日本側の言い分にも理解を示していった方がいいんじゃないかなと思ったわけです。
        中国が嫌いな日本人がいるのは事実、それを否定するんじゃなくて、何か理由があるんじゃないか、どうしてこの人は中国が嫌いになったんだろうってその人の立場に立って考えることが、最初の一歩になるんじゃないかなあと私は思う。

        なんか偉そうに語ってしまって申し訳ない\(^o^)/
        これはあくまでも私の解釈なので、そんなこと俺は考えてないから!とかあったらじゃんじゃん言ってくださいまじで。
        ごんちゃんの最近の活動は、本当に立派だなと思っています。日々の積み重ねが実を結ぶことを願っています。
        • にしかわ
        • 2013.05.14 Tuesday 16:21
        にっしー:

        コメントありがとう。
        最近の悩みというか課題を、俺が把握している以上にずばっと言い当ててくれた気がします。

        最近、このことで、殴り合いのけんかになったこともある
        という笑い話は省略して、

        自分でも「中国びいき」「日本をバカにした態度」
        を感じているよ。

        いちおう、俺の言い分としては、
        俺も中国をバカにしたり、中国について勘弁して欲しいと思うことはたくさんある。

        でも、俺が中国の良いところ伝えようとしなくて、
        他のどの若者がやるんだ、できるんだって考えてしまうんだ。

        もちろん、日本・日本人に配慮しきれていないのも分かってはいるつもり。
        ただ、日本についての不満が相当でかいのも事実で、
        しばらく格闘しようと思う。

        簡単な言葉でまとめると、冷静さが必要ということかな。
        精進するよ。
        これからも思ったことこんな風に言って欲しい。
        ここまで言ってくれる友達はなかなかいない。
        • 中山
        • 2013.05.14 Tuesday 16:36
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM