<< 卒論卒論卒ろんろん | main | 深センに行きたイン >>
2018.04.15 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.05.27 Wednesday

    街の酒屋のお母さん

    0
      「次から次へと新しいビールがねぇ」

      とある商店街の一角にひっそりとたたずむ酒屋を営むのは、
      御歳90は下らないであろうお母さんだ。

      私は仕事帰りに少し遠回りをしてお母さんの店に寄り、
      珍しいビールを買うのが趣味となりつつある。


      (お母さん、ビールがあったまっちゃうよ)

      そんな私を尻目に、
      お母さんはその珍しい缶ビールを握りしめる。


      「ありがとぉございました」

      お釣りの100円玉とくしゃくしゃの笑顔が帰ってきた。


      (あと何回お母さんと…)

      店を後にした私はそうつぶやきかけて頭を横に振る。



      スッキリと苦いビールは週後半2日間の潤滑"酒"だ。





      2018.04.15 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << November 2019 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM